自毛(地毛)を使用して作成するかつら・ヘアピースのよくある質問






● Q&A紹介

自毛のカットはしていただけますか?

自毛の切断処理からスタイルカットまで責任を持って対応。

美容室でカットをする場合は、事前に注意点の確認をお願いします。

普段カラーリング・白髪染めをされている方は、自毛のカットをする前に再度実施いただくことをおすすめいたします。

パーマに関しては、できるだけ控えてください。

トリートメントに関しては、毛髪をお預かりした際に必要に応じて医療用かつら・ヘアピース作成前に実施させていただくことがあります



家族の髪の毛でも問題はありませんか?

ご家族の毛髪を使用してウィッグ・ヘアピース作成はもちろん可能です。

複数の方の毛髪を混合することは、毛髪の質感やダメージの違いがあるので基本的におすすめできません。

ヘアスタイルにより異なりますが、通常は1名の方の毛量でヘアピース・医療用かつらの作成は可能です。

毛のダメージや毛量により別の毛髪を混合させることも可能ですが、できる限りご自身又はご家族の方の毛髪のみで仕上げさせていただいております。



以前にカットして保管しておいた髪でも作成はできますか?

以前に切断した毛髪の場合、保管状況と切断方法が重要になります。

毛髪状態によっては、特殊加工の実施または製作不可のケースがあります。

以前の毛髪と現在の毛髪を混合して作成することも可能ですが、毛髪の質感やダメージの関係でおすすめできないケースがあります。




自毛の長さはどれくらい必要ですか?

自毛を使用してかつら作成する場合は、最低でも10cm以上必要になります。

かつら・ヘアピースは、1本の髪の毛を折り返して2本の毛髪に仕上げております。

20cmの長さの方の場合は、仕上がりが最長15cm前後になります。

折り返し分を少なくすると毛髪が抜けやすかったりスタイルの安定性に影響が出てしまします。



部分的に自毛を使用することは可能ですか?

医療用かつらの前頭部、襟足部、肌にあたる箇所のみなど自毛を使用する場所を指定いただけます。

ヘアピースの場合は、生え際・分け目・肌に触れる箇所などの指定が可能です。

お預かりする毛髪の状態により可能な作業などが異なりますので、実際に相談の際に詳しく説明をさせていただきます。



長さが足りない場合はどうなりますか?

自毛の長さが足りない場合は、使用可能な毛髪のみを使用。

追加する毛髪は、加工人毛・耐熱形状記憶毛にて補足させていただきヘアピース・医療用かつらを仕上げます。

通常は、自分の髪の毛だけでヘアピース作成が可能です。



ヘアピースは自然に仕上がりますか?

毛髪の質感や手触りは自毛のため、かなり高いレベルで自然さを維持することが可能です。

ハイベルでは、商品・技術・知識・経験・実績にて高いレベルでの商品作成をさせていただいております。

自然さを第一に耐久性や通気性・装着感などのバランスを考えております。

ハイベルの提供する自毛使用商品は、記念やただ作成するだけではなく日常で違和感なくご使用いただける実用的な商品になります。


 
その他質問はお気軽にお問合せください。


















































































TEL 03-5410-2032

メール hi-belle@nifty.com

Copyright (C) Aoyama Private Beauty Salon Hi-belle All Right Reserved.