抜毛症(抜毛癖)のかつら・ウィッグについて








【 抜毛症時のウィッグについて 】




抜毛症でヘアスタイル作りにお悩みの方は、男女問わず、多数いるのが現状です。



抜毛症(抜毛癖)の原因の特定は難しい部分があります。


心療内科に通ったり、自毛を抜かないように家族や友人が注意するなどの方法に関しては、色々あっても簡単に改善できるものではありません。


『 何が原因なのか? 』と悩みがちですが、抜毛症に関しては見た目での変化にどのように対処をしていくかという点が重要になります。


一般的に抜毛症は、小中高生に多いとされております。

実際は、成人してからでも自毛を傷つけてしまうという抜毛症でお悩みの方は多数おります。


抜毛行為をやめさせるのは簡単なようですが、簡単に解決できる問題ではありません


抜毛行為は、無意識または意識のある状態での行為など人それぞれ異なります。


抜毛箇所に関しては、肌の弱いこめかみ・襟足・際ライン・前頭部・頭頂部、まゆげ・まつ毛など個人差があります。


早い段階での対処をしておかないと見た目での変化だけでなく自毛再生(修復)も困難な状態になりますので十分にご注意ください。


友人関係、受験ストレスなど個人差はありますが、抜毛行為をしてしまう自分自身がどのように向き合うかが重要な部分になります。


青山ハイベルでは、様々なお客様のケースなども交えながらヘアスタイル作りのサポートと抜毛行為の改善につながるアドバイスを実施させていただきます。



● 使用するかつらのタイプ

抜毛症でヘアスタイル作りにお悩みの方は、基本的に部分かつら(ウィッグ)での対応が好ましいです。


部分かつらとは、着け毛タイプ・分け目用・つむじ用・手の平サイズ・広範囲(7分・8分)など様々です。


ヘアスタイルの自然さを重視する場合は、抜毛症の場合は部分タイプのかつら・ウィッグが望ましいです。


広範囲に抜毛行為をしているからフルウィッグ(全頭)というのは、少し安易な対応になります


広範囲の抜毛症でお悩みの方も【 部分かつら 】で十分に自然なヘアスタイル作りが可能です。


また、自傷行為をやめさせたい場合は、自毛を剃髪してフルウィッグを使用するという選択もあります。


自毛を短くすることで、抜毛行為がしづらくなり徐々に抜毛行為がなくなるケースがあります。


生え際・もみあげ・襟足などに自毛がある場合は、フルウィッグよりも部分ウィッグのほうが高い自然さを得られます。


抜毛症(抜毛癖)は、基本的に若年層に多い行為ですが、徐々に改善されていくものです。


しかし、早い段階で対処しないと年齢を重ねても繰り返してしまうケースがあります。


抜毛癖の改善に向けては、おしつけるのではなく抜毛行為にて生じる今後のつらさや状況などを考えて本人が向き合うことが重要になります。


青山ハイベルでは、症状にあわせて専門的な角度からのアドバイスを実施させていただいております


































































株式会社トネリコ  /  HI−belle(ハイベル)

東京都港区北青山2−7−26 Landwork 青山ビル 8F

TEL 03−5410−2032

メール hi-belle@nifty.com

Copyright (C) Aoyama Private Beauty Salon Hi-belle All Right Reserved.