医療用かつら・ウィッグの自宅ケアについて








【 ウィッグの自宅でのケア 】



自宅でのケア方法に注意いただくことで、医療用ウィッグの自然さや耐久年数に影響があります。


医療用ウィッグには、毛髪やデザイン・素材など様々な種類のタイプがありますので、お持ちの医療用ウィッグに適した自宅ケアを実施いただく必要があります。


● シャンプー

医療用ウィッグの自宅シャンプーが、最も難しい自宅ケアになります。



シャンプー剤やトリートメント剤などに関しては、特に指定のものを使用する必要はありません。


ウィッグの毛髪は、こすられることに対して強度がありません。


シャンプー時やタオルドライの際は充分に注意していただく必要があります。


自宅でのシャンプーのやり方や実施頻度が、医療用ウィッグの耐久年数に大きく影響しております。


毛長などによっては、毛絡みや脱毛などのトラブルが生じやすいので、自宅でのシャンプーに自信がない方はサロンでのシャンプーをご利用ください。



● シャンプー後のブロー

シャンプー実施後の医療用ウィッグのブローには、個々のテクニックが必要になります。


自毛の場合も同じですが、髪の毛が濡れている状態に対してブラシやドライヤーなどの熱を利用して髪の毛の質感を整えます。


ウィッグの毛髪は、痛い・熱いという感覚がわかりにくい状態にありますので、ブラッシングや熱を使用する際には充分な注意が必要になります。


ブローのやり方で、医療用ウィッグの仕上がりも異なります。


毛髪により異なりますが、ブローに自信のない方は、サロンでのケアをご利用いただくか無理にドライヤーなどを使用しないことをおすすめいたします。


毛髪に熱が過剰に加わることで、オーバードライ状態になり毛髪の劣化につながってしまいます。



● ブラッシング

医療用ウィッグを使用いただくうえで、ブラッシングは必ず必要なことになります。


ブラシやクシには、様々な種類がありますが指定したものを使用する必要がある訳ではありません。


医療用ウィッグに使用している毛髪により異なりますが、ブラッシング方法を間違えると毛髪の劣化や切れ毛・脱毛などの症状が生じてしまいます。


毛髪自体に負担をかけないブラシやスタイルを整えやすいブラシなど種類は色々とありますので、自分が一番使用しやすいブラシをご使用いただくことをおすすめいたします。



● スタイリング

医療用ウィッグの日常でのスタイリング方法に関しては、特に決まりがある訳ではありません。


ブラシを入れたりする際の感覚の違いはあっても自毛と同じようにスタイリングいただければと思います。


ドライヤー・ヘアアイロンなどに加えて、アウトバストリートメントやスタイリング剤をご使用いただくことも可能です。


自毛と同じようにスタイル作りは、個々に違いがありますので、商品の特性を充分に理解いただければ希望のヘアスタイル作りが可能になります。


スタイリングは、日々実施していると自然に上手になります。


慣れすぎてしまうと周囲からおかしなヘアスタイルに見えてしまっていることがあります。


定期的にサロンをご利用いただき専門的なアドバイスを受けることをおすすめいたします。



医療用ウィッグには様々な種類があります。


使用している医療用ウィッグの毛髪や素材などを充分に把握していただく必要があります。


青山ハイベルでは、耐久性や自然さ取扱い易さなどお客様のご要望に応じたアドバイスを実施させていただきます。

自宅ケアやスタイリング方法を知っていただくことで、自然さや耐久性の向上につながります。




































































株式会社トネリコ  /  HI−belle(ハイベル)

東京都港区北青山2−7−26 Landwork 青山ビル 8F

TEL 03−5410−2032

メール hi-belle@nifty.com

Copyright (C) Aoyama Private Beauty Salon Hi-belle All Right Reserved.