男性用かつら・ウィッグのコストと耐久性にについて







【 かつらのコストと耐久年数 】

男性用かつら(増毛)にかかる費用は、希望のヘアスタイル作りに応じて異なります。



使用する毛髪・サイズ・分け目素材・デザイン・ベース素材などの仕様内容により製作費用も異なります。


かつら(増毛方法)には様々なタイプがあるため、選択するものにより初期コストや耐久年数が異なります。


かつら本体は、簡単に壊れるものではありません。


取扱い方法などを十分に理解いただいた状態でご使用いただければランニングコストをおさえることが可能になります。


修理やリメイクなどをご利用いただくことで、かつら本体の耐久年数をながくすることが可能になります。


コスト面を重視する方は、アフターケアをご利用いただくことをおすすめします。



● 装着方法によるコスト

かつらの装着方法によって耐久年数・ランニングコストは大きく異なってきます。


コスト面を抑えたい場合は、かつらの装着方法は着脱式が望ましいです。


連続装着(自毛編み込み)の場合は、定期的なメンテナンス(自毛ケア・かつらケア)が必要になります。

使用する期間は、(かつら本体)と(定期メンテナンス)の費用が最低限は必要になります。



かつらの消耗は、自宅シャンプー・スタイリング方法・使用時間などが関係しております。


連続装着と着脱式で比較した際のかつら本体の耐久年数は大幅に着脱式がながくなります。


連続装着と着脱式は、併用することも可能です。


装着方法によるメリット・デメリットは異なるため、自分自身にあった装着方法を選択いただくことが重要です。



● かつら以外のコスト

シャンプー剤やスタイリング剤に関しては、自分の好みのタイプをご使用いただくことが可能です。


選択するかつらや自毛状態によっては、専用の接着剤や両面テープなどをご使用いただく必要があります。


かつらの毛髪によっては、カラーリングやちじれ直しなど専門的なケアが必要になることがあります。


コストを下げる方法として一番有効な方法は、消耗・破損した際にかつら修理・リメイクをご利用いただくことです。


修理などの内容によっては、一定の預かり期間が必要になるケースがあるため、日常的にかつらを使用する際はスペアを検討いただくことをおすすめいたします。


1台のかつらを使いつぶす方法かスペアを作成して修理などをうまく使用していくかは人それぞれの判断になります。


青山ハイベルでは、かつらをご使用いただく上で、自然さ・通気性・耐久性・コスト面など個別のご要望に沿ったヘアカウンセリングを実施させていただきます。

初めてかつら(増毛)を検討の方、すでにかつらを使用している方などお気軽にご相談いただければと思います。


































































TEL 03−5410−2032

メール hi-belle@nifty.com

Copyright (C) Aoyama Private Beauty Salon Hi-belle All Right Reserved.