自毛を使用して作成するかつら・ヘアピース詳細












自毛を使用して作成するヘアピース・医療用かつらについて
 
日本のかつら市場において、【赤ん坊の髪で筆を作成】・【自毛で着物用のまげタイプのかつらを作成】ということは、技術職人が以前より実施していましたが、自分の髪の毛を使用して自然なかつら・ヘアピース作成は基本的に実施されていません。


『 抗がん剤治療をするから自分の髪でかつらを作りたい 』、

『 自分の髪で母親にヘアピースを作ってあげたい 』、

『 若いうちに自毛でヘアピースと作っておきたい 』、

『 長年がんばって髪を伸ばしたから記念品としてウィッグを作りたい 』、

『 人毛は誰のかわからないから自分の髪を使用したい 』


など多くの方から自分の髪を医療用かつら・ヘアピースに活かしたいとの要望があります。


通常の人毛100%のかつら・ヘアピースとは違い、自毛を使用して作成するかつら・ヘアピースのメリットは複数あります。


自毛を使用した商品作成は、特殊な加工処理以外の余計な加工作業がない為、極めて高い自然さと安心感を得られます。

キューティクルを加工しないで作成されたかつら・ヘアピースは、最高級ランクのものとされています。



自分の毛髪を使用して、医療用かつら・ヘアピースなどの作成を検討されている方はお気軽に一度ご相談ください。

青山ハイベルでは、専門的な技術と経験・作成実績をもとにお客様一人一人のご要望を取り入れたかつら・ヘアピース作りのサポートをさせていただきます。










ヘアピース・医療用かつらなどの商品知識が高いスタッフが、個別のご要望にあわせて専門的な角度からご相談・アドバイスをさせていただきます。


自毛で作成するかつら・ヘアピースの特徴や注意点を詳しく説明します。


仕上がりのイメージや商品作成の流れを充分に理解して頂きます。


自毛を使用することで得られるメリットやデメリットなどを明確にさせていただき、完全オリジナル商品作りをサポートさせていただきます。


記念として自毛を活用した商品を作りたい方、

日常使い用のヘアピースを作りたい方、

折角だから何かに自毛を活用したい方、

副作用の脱毛前に医療用かつらに活用したい方


などお客様のご要望に応じて、自毛を活用した商品作りをさせていただきます。

 







自毛を使用して医療用かつら・ヘアピースを作成する際に注意しなければいけない点に関しては様々ありますので充分な理解が必要です。


毛髪の切断方法や保管方法を間違えてしまうと商品の仕上がりに不具合が生じてしまうケースがあります。

ハイベルでは作成するかつら・ヘアピースに合わせて、毛髪切断からスタイルカットまでをすべて対応させていただいております。

また、抗がん剤治療などにより医療用かつらを作成する場合、治療時期を考慮しながら毛髪切断などの作業を実施します。


自毛を使用して医療用かつらの作成を検討される際は、できるだけ早いタイミングでのご相談をおすすめいたします。
 




近くの美容室や行きつけの美容室で毛髪切断する際の注意点



かつら、ヘアピースを自毛を使用して作成したいが、行きつけの美容室でカットを希望される場合は、担当美容師の方に『 自毛でかつら又はヘアピースを作成したいから毛のカットをしたい 』と最初に伝えてください。

ウィッグなどを扱ったことのある美容室でしたらカットの仕方を知っているケースがあります。

最近ではヘアドネーションなどにより美容室でカットをすることが増えておりますので対応可能か確認してみてください。


初めて対応するという美容室もあると思います。
その際は、ヘアゴムで毛束を作っていただき必要な長さをお切りいただいてから最後にヘアスタイル作りを実施してください。


床に落ちてしまった毛髪・シャンプーや副作用などで抜け落ちた毛髪に関しては、自毛でかつらを作成する際には使用できませんので間違っても混合させないように注意してください。

また、カットする長さは、仕上がりに関係がありますので十分にご注意ください。


青山ハイベルでは、自毛の切断、スタイルカット、ヘアピース・ウィッグ作成、仕上がり後のウィッグカット・スタイリングをすべて実施させていただいております。

自毛でヘアピースや医療用かつら作成を希望する際は、できればハイベルをご利用ください。
 







自毛で作成するかつらやヘアピースのデザインや仕様内容などを専門的角度からアドバイスさせていただきます。


ハイベルでは、かつら・ヘアピースに使用する様々な素材を豊富に取り扱いしております。

サイズ・通気性・機能性・自然感・デザインなどの様々な点からお客様一人ひとりのご要望に合わせてかつら・ヘアピースに使用する素材選びをしていきます。


仕上がり時のヘアスタイル・毛長や毛量、分け目部分の見え方などオーダーメイドで仕上げるかつら・ヘアピースと同様の作業を実施していきます。


自毛を使用してかつら・ヘアピースを作成する際は、毛髪以外は通常のオーダーメイドと同じ作業工程になっております。


かつら・ヘアピースを作成する場合は、自毛のスタイルが極端にレイヤーが入っていたりかなりのダメージヘアなどでない限りはサイズに関係なく自毛だけでの作成が可能になります。


尚、かつら・ヘアピース作成時に自毛の毛量が足りない場合、希望に合わせて加工人毛・耐熱形状人工毛を組合わせたかつら作成が可能です。


毛髪を混合させる場合は、ヘアスタイルや作成する商品のデザインによっては使い方や消耗・耐久性に関係しますので、十分に混合させる毛髪の特性を知っていただく必要があります。


また、自毛が少ない場合は、生え際・襟足など自毛を部分的に使用してかつら・ヘアピース作りを実施することが可能になります。

ハイベルでは、実際に仕上げるヘアピースや医療用かつらをよりイメージいただくために実物商品を確認・試着いただきながら高品質な商品作成を実施させていただきます。
 







作成するヘアピース・医療用かつらの仕様内容をもとに熟練の工場スタッフがお客様だけの生産ラインにてベースデザイン作成・毛髪の切断面加工・毛髪植毛などを実施させていただきます。


通常の人毛とは異なり自毛を使用する場合は、キューティクルの向きや毛流れを充分に考慮した上で1本1本丁寧に毛髪植毛を行います。


加工処理や植毛方法を間違えると日常的に使用するには困難な仕上がりになってしまいますので、ただ髪の毛を植毛してヘアピースや医療用かつらにすれば良いというわけではありません。


ハイベルでは、切断した毛髪の品質を損なうことなく徹底した品質管理のもとでの植毛と精密な作業・検品を実施しております。
 




工場での作業終了後に、ヘアピースや医療用かつらを希望に合わせてスタイルカットや各種調整作業を実施させていただきます。


仕上がり後にヘアピースや医療用かつらの毛量調整や毛長調整などを実施することで、より自然感の高い仕上がりになります。


仕上がり後にカラーリングやパーマなどをご希望の際は、追加にて作業をさせていただくことも可能になります。

装着方法や自宅でのケア方法などを詳しく説明させていただきヘアピース・医療用かつらの引き渡しになります。

その後は、各種調整作業などハイベルが提供しているアフターサービスをお気軽にご利用いただけます。
 











自毛のカットはしていただけますか?

自毛の切断処理からスタイルカットまで責任を持って対応します。

美容室で切断処理をする際は、事前に注意点の確認をお願いします。

普段カラーリング・白髪染めをされている方は、自毛のカットをする前に再度実施いただくことをおすすめいたします。

パーマに関しては、できるだけ控えてください。

トリートメントに関しては、毛髪をお預かりした際に必要に応じて医療用かつら・ヘアピース作成前に実施させていただくことがあります
 



家族の髪の毛でも問題はありませんか?

ご家族の毛髪を使用してウィッグ・ヘアピース作成はもちろん可能です。

複数の方の毛髪を混合することは、毛髪の質感やダメージの違いがありますので基本的におすすめいたしません。

ヘアスタイルにより異なりますが、通常は1名の方の毛量で十分にヘアピース・医療用かつらの作成は可能です。

毛のダメージや毛量により別の毛髪を混合させることも可能ですが、ハイベルではできる限りご自身又はご家族の方の毛髪のみで仕上げさせていただいております。


 

以前にとっておいた自毛でも作成はできますか?

以前に切断した毛髪の場合、保管状況と切断方法が重要になります。

毛髪状態によっては、特殊加工の実施または製作不可のケースがあります。

以前の毛髪と現在の毛髪を混合して作成することも可能ですが、毛髪の質感やダメージの関係でおすすめできないケースがありますので、相談の際にお持ちいただくことをおすすめします。



 
自毛の長さはどれくらい必要になりますか?

自毛を使用してかつら作成する場合は、最低でも5cm又は3分の1ののりしろが必要になります。

かつら・ヘアピースは、1本の髪の毛を折り返して2本の毛髪に仕上げております。

20cmの長さの方の場合は、仕上がりが最長15cm前後になります。

折り返し分を少なくすると基本的に毛髪が抜けやすかったりスタイルの安定性に影響が出てしまします。

自毛はトップ・サイド・バック・ネープと場所により毛長が異なりますので、お預かりした毛髪の中に短い毛髪が混ざっております。

作成するヘアピースや医療用かつらのヘアスタイルにあわせてできるだけパーツごとの自毛の植毛を実施して仕上げさせていただきます。 
 



部分的に自毛を使用することは可能ですか?

医療用かつらの前髪部、襟足部、肌にあたる箇所のみなど実際に自分の毛を使用する場所を指定いただくことも可能です。

ヘアピースの場合は、生え際のみ分け目のみに加え、肌に触れる箇所のみなどの指定が可能です。

お預かりする毛髪の状態により可能な作業などが異なりますので、実際に相談の際に詳しく説明をさせていただきます。
 


 
長さが足りない場合はどうなりますか?

自毛の長さが足りない場合は、使用可能な毛髪のみを使用します。

不足した毛髪は、衛生面をクリアにした加工人毛または耐熱形状記憶人工毛にて補足させていただきヘアピースや医療用かつらを仕上げます。

ヘアピースや医療用かつらは自毛とは密度やデザインが異なりますので、自毛が少ないケースでも問題なく自分の髪の毛だけで作成できることがあります。




ヘアピースやかつらは自然に仕上がりますか?

毛髪の質感や手触りは自毛のままですので、かなり高いレベルで自然さを維持することが可能です。

ハイベルでは、多種使用素材を取扱い、技術・知識・経験・実績などを含めてお客様にご満足いただける商品作成をさせていただいております。

他人の目を気にすることがない自然さを第一に耐久性や通気性・装着感など様々な面でバランスを考えております。

ハイベルの提供する自毛使用商品は、記念やただ作るのではなく日常で違和感なくご使用いただける実用的な商品になります。


 
 
 
上記は一部紹介です。その他質問はお気軽にお問合せください。
































株式会社トネリコ  東京都港区北青山2-7-26 Landwork 青山ビル 8F

TEL 03-5410-2032 メール hi-belle@nifty.com

Copyright (C) Aoyama Private Beauty Salon Hi-belle All Right Reserved.