自然な部分かつら作りのポイント詳細







【ヘアスタイル】

◇ ウィッグを自然に見せる最も重要なポイントです。

顔や年齢・職種などを充分に考慮して、あまり硬いヘアスタイルを選ばないことが重要です。
特に7:3分けなどは一般的にカツラのイメージが強いため極力避けることをおすすめします。
また、7:3分けでも毛流れや毛量を調節することで、自然なヘアスタイルに仕上がります。



【サイズ】

◇ サイズは自毛状態とのバランスが重要です。

部分カツラで仕上げるヘアスタイルによっては、自毛の状態を無視することがあります。
部分カツラのサイズを間違えると頭が大きく見えたり、バランスが悪くなってしまいます。
サイズ設定は、部分カツラの様々な条件を充分に加味する必要があります。

 ◇ 自毛のつむじが残っている場合、部分カツラを大きくして毛流れを整える
 ◇ 頭のハチに部分カツラがかかる場合、サイズをえぐりフィット感を出す
 ◇ そりこみ部分の角度を鋭角にして生え際に空気感を持たせる
   ※ 自毛を剃髪して使用する場合、ヘアスタイルを重視したサイズ設定が良い。
      脱毛部を考慮してサイズ設定を行うとスタイルのバランスと毛髪に不具合がでる。
 


【装着方法】

◇ 着脱式と自毛編込み式(固定式)の2種類があります。

その他に頭皮に特殊接着剤を使用して直接部分カツラを接着するという装着方法もあります。
部分カツラの装着方法は、耐久性や部分カツラを使用する上での快適さに関係があります。
また、部分カツラの装着方法選びによって、スタイリングの難易度に影響があります。

◆ 自毛編込み装着
   装着強度が高い反面、常時部分かつらを装着したまま日常生活を行う為
   スタイリング・セットなどの高度なテクニックが必要になります。
   取り扱いを熟知すれば、自毛感覚にて部分カツラの使用が可能です。
 
 
◆ 着脱式装着
   部分カツラのセット・シャンプーなどを単体として実施できる為
   スタイリング次第で自然感の高いヘアスタイルに簡単に仕上げられます。
   また、部分カツラの耐久年数が極めて高くなる装着方法です。

 
◆ 頭皮接着式装着
   連続装着日数により部分カツラの毛髪に影響がでることがあります。
   部分カツラの毛髪に特殊接着剤が付着するとヘアスタイルがまとまり
   べたつきが出る為、装着日数をあまり長期間にしないことが大事です。


【ベース素材】

◇ 下地素材には用途に応じて様々な種類があります。
 
基本的に部分カツラのベースがヘアスタイルに与える影響はそれほどありません。
ベースの組み合わせ方や素材・特徴を知ることにより希望に沿った部分カツラに仕上がります。
◇ 網目を細かくしてクシの引っ掛かりを防ぐ。
◇ 風で乱れた際に周囲に気づかれないようにネットカラーを変える。
◇ 耐久性を高める為にベースを2重にして部分カツラを作成。
◇ 肌触りを良くする為にシルク状又はコットン系の素材を組合わせる
※ 部分カツラのベースは日常生活において、髪をかき分けない限り見えることはありませんが、アレンジを加えたベース選びを行うと部分カツラにさりげない自然さが生まれます。
     


【毛髪】

◇ 基本は【耐熱形状毛】【人毛】【ミックス毛】の3種類です。

それぞれに質感・つや・毛の太さ・耐久性・取扱いなどに特徴があります。
部分カツラの毛髪選びは、耐久性・自然さ・機能性などと大きな関係があります。

スタイリングを楽しみたい方は人毛100%、取り扱いを簡単にしたい方は人工毛などと
ある程度の定義などがあっても実際には、毛髪の特性を知ると考え方は変わります。
実際に部分かつらの毛髪を比較してメリット・デメリットを加味した上での毛髪選びが必要。
     


【カラ―】

◇ 使用毛髪・希望カラーにより色味の違いがあります。

黒髪でも深みやツヤ等により数十種類の色が存在している為、細やかな選択が必要です。
全体的に黒髪の部分カツラでも毛髪を1本1本比較すると何種類かの色に分類されます。
ツヤ感・質感などの設定は、カット方法や整髪剤などで部分カツラに変化をつけられます。

部分カツラの色味にアレンジを加えると、柔らか味や立体感など様々な特徴が生まれます。
部分カツラに使用した毛髪によっては、使用期間により変色が起きるので希望のカラーを
主体にして何色かを混合して部分カツラのカラー設定をしていくことが重要です。
       


【生え際】

◇ 生え際に使用する技術・素材は一つではありません。

オールバックのようなヘアスタイルの場合、生え際に重点をおく必要がありますが、
おでこに髪の毛がかかるスタイルの場合は生え際に重点をおく必要があまりありません。
生え際に重点をおくと基本的に極薄の素材を使用する為、素材の消耗度が高くなりがちです。

部分カツラの生え際で重要なことは、生え際の位置設定と生え際のライン(形)になります。
生え際の作り方を間違えると良い素材でも不自然な部分カツラに変わってしまいます。
  

     
【分け目・つむじ】

◇ 使用する分け目素材は多種使用されております

ヘアスタイルにおいて分け目・つむじなどの皮膚は必ず存在しています。
また、皮膚部分に関しては、植毛密度や毛流れを細かく調整する必要があります。

前から見ても皮膚が見えなくても横・上と角度がはいることで必ず皮膚が見えてきます。

部分カツラは、『カツラかな?』と思われても皮膚の自然さで『自毛か』と思わせることが可能。
どんなに特徴的な髪型であっても部分カツラの皮膚にはこだわる必要があります。

【 不自然な分け目・つむじの傾向 】

 ◇ 黒又は肌色のネットを使用して、植毛した根元の結び目が見える

 ◇ 人工皮膚の下の毛髪が透けて全体的に黒味を帯びた肌の色になっている

 ◇ 人工皮膚の色が、青白いかったり赤みを帯びて顔色とのバランスが悪い

 ◇ 分け目が直線的になっていたり、植毛密度が整いすぎている
  ※ 分け目・つむじは、人工皮膚を使用しているから自然だと思わないことが重要です。
    皮膚部分の光での変化や直視した際のリアルさなどの確認をする必要があります。
    実際に分け目素材の種類や見え方を確認することで高い自然感が得られます。
     



【白髪】

◇ 毛髪により色味や毛の太さに違いがあります

白髪は年齢や自毛に合せて設定しますが、きれいに整うよりは乱れのある植毛方法のほうが
見た目の自然感を得ることができます。もみあげ・襟足だけ白髪の量が多いのは普通です。

無理に部分カツラの白髪の量を自毛に合せると不自然になることがあるので注意が必要です。
自毛の白髪が30%をこえた場合は白髪染めは控え、部分カツラの白髪を調整します。
      


【毛量】

◇ 毛量は少なければ少ないほど自然感が高まります

年齢やヘアスタイル・自毛状態などに合せて部分カツラの毛量を設定することが重要です。
ヘアスタイルは毛量で作るのではなく、スタイリング・カットにて仕上げるのが基本です。

無造作ヘア・短髪以外は、部分カツラの毛量設定を部分的に変えるなどアレンジが必要です。
     


【スタイリング】

◇ スタイリングテクニックが自然にみせる重要なポイントです

使用するクシの種類によっても毛流れやシルエットに大きな影響があります。
使用するクシに決まりはありませんが、選択するクシで自然感を高めることが可能。

部分カツラを自然に見せる為には、クシの使い方・特徴を把握する必要があります。
ムース・ヘアスプレーなどの整髪剤を使用することも、部分カツラの自然さを高める方法です。
       


【かつらカット】

◇ 毛流れを考慮したカットでシルエットを作る必要があります

自毛の場合カット後に毛髪が伸びる為、1週間ほどでヘアスタイルにまとまりがでます。
部分カツラの場合、毛髪が伸びないので部分カツラのカット時に注意が必要です。

自毛カットと部分カツラのカット方法は、全くといってよいほど違います。、
特性を知り得た技術者が実施しないと不自然な部分カツラになってしまいます。
     


【自毛カット】

◇ 自毛カットは毛量の調整を必ず行う必要があります

自毛にクセがある場合は、カット技術で毛髪のクセやふくらみが出ないように仕上げます。
カラー・パーマなどを実施する場合は、部分カツラとのバランスを考慮して実施します。
     







MEN’s / メンズ      
メンズトップ 一律価格商品 ヘアスタイル ハイベルトップ
生え際増毛法 症状別増毛法 商品価格 医療サポートトップ
仕上がりまで Q&A 自然さのポイント レディーストップ
かつら注意点 かつら修理 医療サポート 修理 / リメイク
かつら知識
店舗詳細 / 会社概要

HI-belle( ハイベル )  東京都港区北青山2−7−26 フジビル28 8F 
 TEL 03−5410−2032 メール hi-belle@nifty.com
Copyright (C) Aoyama Private Beauty Salon Hi-belle All Right Reserved.